子供のおもちゃの種類について

大きくなるにつれて自分で自由に遊んだり考えたりする幅が広がっていきます。対象年齢を参考にしながら選びましょう。

知育玩具の選ぶポイント

  • 対象年齢を参考にして近いものから選ぶ
  • 柔らかいものや固いものなど手触りの違うものを用意する
  • 積み木のような様々な形が分かるものにする
  • 音や光が出る動きのあるものにする
  • 自分で好きなものをかけたり作れたりするものにする
  • 独自に遊び方を編み出せるものにする
  • 目で見て分かりやすいものを選ぶ
  • 親子で一緒に楽しめるものを探す
  • 何度も形を変えられるなど試行錯誤できるものにする
  • 子どもが興味関心を示したものから選ぶ

遊びながら学べる

女の子

自身の家庭に生まれてきてくれたお子様の将来のことを考えるのなら、小さな赤ちゃんの時からしっかりとした教育を受けさせたいと考えるかもしれません。しかし、赤ちゃんでは勉強という行為をすることはできないので、教えようとしても難しいといえるでしょう。それならば、遊びながら勉強を行えるアイテムを買って、赤ちゃんに使ってもらえば、楽しみながらいろいろなことを学んでもらえます。そのアイテムは知育玩具と呼ばれていて、さまざまな種類が売っているので、赤ちゃんが興味を持つものを買ってあげましょう。ゼロ歳児から使えるような知育玩具も販売されているため、とても早い段階からお子様の将来のことを考えた教育を行えるようになります。

年齢別のものが売っている

ロボット

知育玩具には推奨年齢があるので、お子様に合ったものを購入すればもっとも高い効果を発揮してくれます。パッケージにきちんと載っているため、ちゃんと年齢を確認して、ベストな知育玩具を間違わないよう選びましょう。

赤ちゃんが使っても安全

おもちゃ

推奨年齢がある知育玩具は、書かれている年齢のお子様ならば安全に遊べるように作られています。パーツを間違って飲み込んだり尖った箇所で怪我をしたりすることがないように、きちんと作られているので、安心して遊びながら学んでもらえるでしょう。

広告募集中