扱いやすさで価格も違う

子供

知育玩具は安全性が高いほど、購入費は高め傾向にあります。どうしても赤ちゃん用ですから、口に入れてしまうこともありますし、ひょんなことから顔に落としてしまうこともあります。衝撃に優しい造りであることがポイントですし、口に入れても良いように塗料、ニスなどが使われていない玩具が評価されています。子供が小さい内は、両親が知育玩具を扱うことになるでしょうから、子供の意見や好みというよりも、扱いやすさで選ぶのが良いでしょう。

五感で扱う玩具

知育玩具といっても、実際には五感で育むことになります。例えば、視覚を刺激する玩具としては、色や動きなどが特長となるもので、ベッドメリーが一例です。電池式より充電式のほうが割高です。

赤ちゃんへの刺激

赤ちゃんの聴覚を刺激するのはガラガラですが、楽器などの音色はリラクゼーション効果もあります。赤ちゃんの場合には、眠る時間のほうが起きて1日活動する時間より遥かに長いので、大きな音や、耳障りになる雑音が出るラッパなどよりも、ピアノやフルートなどの強弱のつく楽器による音色の知育玩具がおすすめです。ちなみに、相場よりも低価格であるほうが、機能性は劣りますが、音のボリュームは小さく、赤ちゃんには適しています。

広告募集中